札幌白石区の一般歯科、審美歯科、小児歯科のたかだ歯科クリニック公式サイト

院長ブログ

札幌市白石区本通7丁目
北1-28(国道12号線沿
・無料駐車場完備)
9:30~12:30
14:00~20:00

011-861-0474 「ホームページを見た」と言ってください

2014.10.10

歯ぎしりとくいしばり

『歯ぎしり』や『くいしばり』をしていませんか?「歯ぎしり」や「くいしばり」、歯の先端をカチカチ接触させる、といった無意識に行う運動を『ブラキシズム』と言います。ブラキシズムでは、歯や歯を支える組織(歯肉やあごの骨)にふつうに噛むときの2倍以上の力がかかるといわれています。そのため症状がひどいと、歯の周りの組織に過重な負担がかかり、歯や歯肉やあごの骨といった組織が破壊されます。歯ぎしりくらいと軽く考えず、歯科医師にご相談ください。

ブラキシズムの症状とは

歯ぎしり
上下の歯をすり合わせて「ギシギシ」「コリコリ」といった音を出します。

くいしばり
歯を強く噛み締める、力を入れて歯をくいしばることです。

タッピング
歯の先端部分をカチカチと触れ合わせることです。

こんなトラブルが起きます
● 歯がすり減ります。
● 力で歯が割れます。
● 歯肉が炎症を起こして歯周病が進行します。
● あごの関節に影響し、顎関節症を起こす。

●   歯がしみる(知覚過敏)

原因は・・・
● 歯並びの悪さ
● かみ合わせの不正
● 鼻やのどの炎症
● 筋肉の緊張を伴う病気
● 精神的緊張や肉体的ストレス

治療法は
● 原因になっている病気の治療
● 歯やお口の治療
● ナイトガードの装着
(半透明のプラスチック製装置をあごにはめて,筋肉の緊張を和らげます。個人の歯型に合わせて作ります。)

一覧へ戻る

Copyright (C) 2016 たかだ歯科クリニック All Rights Reserved.